長い期間住める注文住宅に必要なものを一挙公開!

DREAM MY HOME

一緒に長生きできる家を作るなら注文住宅!

長い期間住める注文住宅に必要なものを一挙公開!

室内

長持ちする家づくりのポイント

人生に中で高い高い買い物になりますから、どうせ注文住宅を建てるなら長持ちする家がいいでしょう。そのためには、メンテナンスがほとんど必要ない建材を使うことが求められます。代表的なのは木目が綺麗と評判の檜、ほとんど腐らない杉、大きな梁が取れる米松、水にとても強いといわれる米ヒバ、フローリングに最適なパインなどがあります。一般的な木造建築と違い、木本来のぬくもりを直に感じられるのがメリットです。また、地震で建物が大きく揺れても元へ戻ろうとする特性があるのもこれらの特徴です。

保証も重要

注文住宅が完成した後も業者からのサポートを決まった期間受けるのが普通です。主な保険内容は、基礎部分を第三者機関が検査を行い、問題が生じた部分の修理をするというものです。

家が完成するまでの流れ

岐阜や兵庫で注文住宅を建てる場合は、家が完成するまでの基本的な流れを頭に入れておくことが重要です。まずはじめに行なうのが相談です。間取りを始め、構造の提案をプロのアドバイザーが行ないます。実際に業者が建てた家を見学し、土地が決まっている場合は事前調査も合わせて行ないます。土地の広さや住む人の数を考慮して間取りを決めて、仮契約を行ないます。より詳しい打ち合わせでは、図面を使って詳細を決めます。

どう違うの?工務店と設計事務所の特徴

工務店

各地域に密着しているのが工務店です。家を建てるのを主にしており、建設会社と名乗るところもあります。地元に特化しているので色々な面で融通が利くでしょう。

設計事務所

家を建てるというより、家の形を考えてくれると言った方が正しいでしょう。例えばデザインに力を入れたり、機能性の高い家にしたりなどは設計事務所が適切といえます。

広告募集中