注文住宅を賢く建てるための極意を頭に入れよう

DREAM MY HOME

家づくりに失敗したとならないための注文住宅の作り方

成功の裏には失敗もある

注文住宅の魅力に惹かれたのはいいものの、思いもよらない失敗をしでかすことがあります。ランキングをチェックして、ミスのないようにしましょう。

家づくりに失敗しないために気を付けたことベスト3

no.1

資金計画は丁寧に行なった

最も多かったのは注文住宅を建てる際の資金計画です。無理な計画をすると、後でローンの支払いができなくなり悪夢を見る羽目になります。そのため、多くの方は家を建てる時の資金計画を入念に立てるようです。

no.2

予算を予め決めておいた

家へのこだわりが強いあまり、予想以上の金額になったなんて話はしょっちゅうです。家づくりに失敗しないためには、予め予算を決めておくことです。このボーダーラインを越えなければ上手に建てられるでしょう。

no.3

ライフプランに合わせた間取りにする

子供が結婚したり、出産したりなどライフスタイルは変わります。そのタイミングに合わせて注文住宅を検討することは当たり前のように思います。ですから、建売や注文住宅で家を作るにしても、住む人のライフスタイルを考慮することが必要なのです。

注文住宅を賢く建てるための極意を頭に入れよう

インテリア

家を建てるメリットとは?

福岡や広島で注文住宅を建てる人のほとんどが数々のメリットを十分に感じています。例えば、生活音を気にせず伸び伸びと子育てができること、家を持っているという安心感などです。これらのメリットは賃貸では叶えられないでしょう。

注文住宅にかける平均的な費用

住む場所が違えば、相場も変動するものです。福岡や広島で人気のあるエリアなら、値段は跳ね上がるでしょう。注文住宅だと、2000万円から2500万円ほどかける方が非常に多く、それ以上かける方は少ないという結果になりました。いずれにしても、3000万円まで多く見積もっておくといいかもしれません。

打ち合わせが決め手

2000万円という安い金額で家を完成できた背景には、業者との打ち合わせが上手くいったことが深く関係しています。さらにこの場合、昔から知っている大工さんに工事の依頼をしたことも要因でしょう。家族や業者とよく相談をすれば、安い金額でいい家を建てられます。

広告募集中